Navigation

公益社団法人日本山岳会

山岳研究調査事業

上高地山岳研究所

1961 年に「山岳研究」、「健全登山指導」、「自然保護活動」等を目的として研究所の土地を林野庁より借受け、1993年建設の地下1 階、地上2 階、延床面積246㎡(74.5 坪)の建物は、山岳に関する研究会、講習会等の集会及び日本山岳会会員とその関係者の宿泊等に利用されている。 主に5月から11月の初旬にかけて利用されている。当所では、神奈川工科大との共同研究で小規模水力発電の実験設備が設置、運用されている。

山岳図書館

本部事務室と併設され、我が国唯一の山岳図書館として利用されている。蔵書は、明治以降の和書12300冊、洋書3900冊である。図書等の利用は閲覧及び複写に限り、貸出は原則として行わない。蔵書管理、図書紹介など図書委員会が担当している。(蔵書検索)

資料映像研究

本会発足以来蒐集した山岳、登山技術の関する研究資料、絵画、映像資料の調査研究と所蔵資料の公開を行っている。また、全国山岳博物館等連絡会議を発足させ情報交換を行い山岳文化振興活動をしている。

国土地理院との連携・登山道(変化)情報の調査

国土地理院測図部と協定し、GPSを用いた登山道の実測データの提供を行っている。また、同院の「電子国土賞」の推薦を行っている。

pagetop