Navigation

公益社団法人日本山岳会

Youth Club

youth-club_top_main_006

Youth Clubは、若手の入会とリーダ促進を目的として設立された委員会で、
1.青年部:39歳以下の若年層が中心。登攀技術の向上を目指して研鑽を重ねる。
2. ワンダーフォーゲル(WV)部:59歳以下の中堅が中心。登山に関わる、博物、料理、キャンプ、文化探訪などの活動を進める。
3.学生部:大学の山岳部、WVの現役学生が情報交換や海外遠征のグループ活動を行う。
の3つの部により構成され、

安全登山の普及とリーダの育成を目指しつつ、一般登山、フリークライミング、スキー登山などの登山活動、また、初級から高度に亘る雪山、遭難対策などの登山講習会の開催、気象予報士による雪山天気情報の提供など広範な活動を行っています。

更に詳しく:

YOUTH CLUBは、2012年4月に発足した若手を主体とする委員会です。指導委員会・青年部委員会・学生部指導委員会を含めた組織で、次代をめざした活動を行うことで創設されました。

本会100年余の歴史で初めて、中堅・若手会員の育成・獲得を目指す活動を行います。その活動の中心となるのが講習会です。講習会は39歳以下を対象とし た中・上級コースおよび初心者も含めた59歳以下対象のハイキングと机上基礎講習会です。なかでも39歳以下女子限定のFULBARI Seriesは新しい試みとして注目されています。

講習会(こちら)は、ハイキングや自然観察会からはじまり、沢登り、縦走、雪山、クラシックルート登攀、フリークライミング、山スキー、雪上訓練、雪崩講習等々、当 会ならではのオールラウンドな講習を行い、山の魅力を伝えると共に、事故防止と最新登山技術の普及・向上に努めます。これには、おもに指導・青年部・学生 部に所属している会員やプロガイドがあたります。

会員になった仲間には、さまざまなジャンルの登山を経験して自分に合った形態の登山を見つけてもらいたいと考えています。その登山を突き詰めていくことに よって、いかなる世界においても、充実した時間と素晴らしい仲間による豊かなクラブライフに支えられた人生を共に楽しんでいけるでしょう。

pagetop