Navigation

公益社団法人日本山岳会

日本山岳会について

公益社団法人日本山岳会は、1905年(明治38年)に設立され2012年4月、公益社団法人となりました。アルピニズムから日本的な 山旅までの登山活動、および、高所医学の研究、自然保護活動、出版や講演、啓発活動など社会貢献を多岐に進めてきました。現在、会員数 5000名余、全国に33の支部が有ります。

 

会長挨拶

小林会長からの挨拶

役 員

会長、副会長、理事、監事等一覧

委員会・支部・同好会等・組織図

 日本山岳会は、理事会のもと、委員会と、それに準じるプロジェクトチーム、ワーキンググループおよび全国33支部とにより事業を推進しています。また会員間で私的に形成された同好会が独特な登山、文化活動を進めています。(組織図はこちら。)

定 款

 目的、事業等

事業報告

日本山岳会は、登山振興・山岳研究調査・山岳環境保全の公益事業 と会員支援事業 とに区分される諸活動を行っています。(事業報告書はこちら)

歴史:年表・発起人・歴代会長

 1905年、発起人、城 数 馬、小島 久太(烏水)等7名が宣教師ウェストンの助言を得て設立、1931年に会則を改め会長を設け、小島久太が初代会長に就任し現在25代小林政志に至ります。(日本山岳会100年の歩みより。)

施 設

本部事務所・図書室および、上高地山岳研究所

公告・公表(リリース)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop