メニュー

公益社団法人日本山岳会

里山歴史研究会 第1回 出羽三山縦走

里山歴史研究会№1「出羽三山」

2017.7.22~23        植木淑美

70%雨の予報に、湯殿山からの縦走コースを月山八合目からのピストンにコースを替えて実施。  22日早朝、山形県鶴岡に10名が集合。

有難いことに雲は低いが降っていない。

タクシーで月山八合目駐車場まで運んでもらい、弥陀ヶ原の湿原をゆったり周遊。充分、時間があるので、写真タイムは取り放題。

今咲いたばかりの新鮮な花々は、ニッコウキスゲ、シオガマ、イワカガミなど。

二ヶ所の雪渓も難なく全員ツボ足で通過。

濃いガスの中、三角点を確認後、月山神社にお参り、多額の祈祷料をお収めして、山行の無事を願う。

月山山頂小屋で、大小の二部屋を貰い、さて鍛冶屋跡へ散策にと思うや否や、土砂降りの雨。戦意喪失、一人の反対もなく大宴会に変更決定。

天候が良ければ、なんということもないコースだが、悪天時こそ学ぶことも多いように思えた。

帰路、中宮真近かの木道のキンコウカの群落が見事であった。

プランナーとして頑張った吉川さんの労をねぎらい、詳細報告の場を譲りたい。

吉川さん詳細報告はこちらをご覧ください。 

参加者:10名

L植木淑美、P吉川三鈴、植木信久、丸山さかえ、桐山裕子、平井康司、

平井安乃、藤下美穂子、小河今朝美、ゲスト岡義雄

pagetop