メニュー

公益社団法人日本山岳会

サトケン 第二回会津駒 報告

里山歴史研究会 №2 会津駒ヶ岳 報告

2017年8月1日~2日           植木 淑美

新人育成のための「新人の登りたい山応援団」を結成、実施する第2弾「会津駒ヶ岳から中門岳山行」を実施した。

別紙、プランナー作成の「登山報告書」をご高覧ください。

12年前までの管理人が料金徴収の為にいる形態から、寝具付き自炊小屋に変わった。売店には、所狭しとグッズが並んでいた。

体力がなくても登りやすくなった半面、「もう来るまい」と思わせるような小屋になってしまった。尾瀬の一角の静かな山が、また一つ消えた。

残念なことである。

静寂そのものの、のびやか中門岳への稜線の素晴らしさが救いであった。

木道の崩壊が進み、このままでは遠からず中門岳へは、行きづらくなるであろう。山行そのものは、参加者の足並みが揃い、すべて順調であった。

参加者:5名 L植木信久、SL植木淑美、P小河今朝美、吉川三鈴、深田美好   

以上

satoken-20170801aidu_0666_.jpg satoken-20170801aidu_0670_.jpg satoken-20170801aidu_0671_.jpg

satoken-20170801aidu_0676_.jpg satoken-20170801aidu_0679_.jpg satoken-20170801aidu_0687_.jpg

satoken-20170801aidu_0689_.jpg satoken-20170801aidu_0692_.jpg

pagetop