メニュー

公益社団法人日本山岳会

北アルプス高瀬川・湯俣温泉山行  令和3年7月

山行日  令和3年7月17日(土)~18日(日)

参加者  三尾彰 石間宏美 畑島良一 名倉尚(三尾弟)  計4名

日 程  17日 七倉荘駐車場9:00  ―(タクシー利用)― 高瀬ダム10;00 -

        無名避難小屋(12:10~13:00)― 青嵐荘14:00 ― 湯俣川幕営地14:;30

     18日   湯俣川幕営地8:00 - 11:15高瀬ダム ー (タクシー利用)  11:30七倉山荘駐車場

 コロナ禍・荒天など日程変更を2回行い実施できた。

17日 大町の岸別荘付近を通過し七倉荘駐車場に着く。船窪・七倉尾根や裏銀ブナタテ尾根などの起点地のため駐車場の空きは少ない。石間さんと合流。

高瀬川周辺の土砂運搬車が多く、タクシー通行止めが30分位続く。巨大なロックフィルの高瀬ダム上部に着く。2.5時間程のアルバイトが軽減できた。

長いトンネル2か所を抜けて湖の端からは林道から登山道に変わる。河原から作業ヘリが忙しく往復する。無名沢出会い避難小屋で昼食。ソーメンを堪能。

湯俣までは小さな上下を繰り返す。晴嵐荘は対岸にあり橋は昨年の台風で流されて無い。本流を渡るのは困難と思われる。

湯俣川に入り「温泉」を捜す。伊藤新道跡下川の石をどけて深みを作るが熱水が湧き出て風呂にならない。半身浴。マグマ溜まりが地表付近にあると聞いた。。

幕営地は水俣・湯俣川合流地点。天幕2張。太い流木を裁断し点火。6時間ほど楽しんだ。「ドスン」と直下地震、一張テント移動。やがて付近で落石発生。

食事後懇親会、焚火を囲み酒と歌など遥か昔の思いに耽った。

記 畑島 良一

湯俣分岐でのキャンプ、4名ともに北鎌、伊藤新道そして竹本新道で訪れたことがある。

河原で汗を流した後は焚火を囲んでまったりタイムが深夜まで続いた。

pagetop