メニュー

公益社団法人日本山岳会

自己紹介  岸 裕子

自己紹介

岸 裕子(会員番号:13842)

私が初めて山に登ったのは小学5年生の時、叔母に連れて行ってもらった奥武蔵の日和田山・物見山でした。その後も夏休みなどには知合いの経営する山小屋があった南志賀高原の山田牧場を頻繁に訪れ、広大な緑の自然の中で過ごした思い出が帰宅後もいつまでも忘れられずに心の中に残っていました。この時の体験が、私が登山を始めたきっかけになったのではないかと思います。冬のスキーシーズンにも何回か訪れては、雪景色の素晴らしさに感動して山小屋でアルバイトをしているお兄さんお姉さん達を大変羨ましく思いました。

社会人になってからは職場や友人との山行もありましたが、本格的に登山を再開したのは20年ほど前からで、夫と二人で主に北アルプスや東北の山々を歩いてきました。仕事の関係で休日を利用しての登山ですから、ひと月に1回の日帰り登山、もう1回は1泊登山、数日を要する縦走は夏期休暇に…を目標に計画を立ててはいるのですが、実現は半分程度に止まっています。

日本山岳会に入会後は麗山会の定例山行には何をおいても参加して皆さんとの交流を深めていきたいと願いつつ活動を続けてきました。諸先輩方のご指導のもと山行の楽しみだけではなく、山小屋や麓の宿での集いではグループならではの楽しさも実感しています。

発足後5年目を迎えた麗山会がこれからも益々発展していくように願っています。

pagetop