メニュー

公益社団法人日本山岳会

三水会便り 第414回

第414回 三水会便り(毎回PM6:30-8:00)

平成25年11月

なんとなく今年も押し詰まってきたなという日々をお過ごしのことと思います。来月の例会はなんと忘年会ですよ。昔、日本山岳会の長老で「忘れたいほどイヤな年を僕は経験したことがないから忘年会はやらない」と言われた人がおられたそうですけれど。

☆第600回例会は10月16日(水)に開催されました。講話は国立極地研究所の石沢賢二さん、第53次の越冬隊長を務められ、今年3月南極から帰国したばかりのポーラーマンです。最新の南極事情を話してくださいました。2年続けて「しらせ」が昭和基地に接岸できなかったので来年から越冬隊の隊員が4人減るそうです。昭和基地の建物も初期とは完全に入れ替わり、昔行ったことのある人でも迷子になりそうです。参加者24名

☆第601回例会は11月20日(水)です。講話はアルパインスキークラブの平野裕也さん。タイトルは「山スキーの楽しみ」で、心に残る山スキーの中からいくつか動画を見せてくださることになっています。

☆第602回例会は12月18日(水)です。忘年会のため講話はありません。

☆三水会山行予定(忘年山行+忘年会)

12月21日(土)京急長沢駅10時集合。三浦富士と武山に登り、そのあとJR衣笠駅そばの「お太幸」(昨年に同じ)にて忘年会です。保険・通信費500円、忘年会費5000円、交通費は各自。(係:平戸孝夫)

☆10月三水会山行報告

10月5日、6日、7日、三水会秋の山行として秋田県の秋田駒ヶ岳に行きました。(50音順、敬称略で)池田、石原、掛江、川俣(幹事)、佐藤(正)、塩澤、高橋(満)、豊田、原田、長谷川、平井夫妻、平戸、箕岡、望月の15名、秋田駒から湯森山、笹森山を経て乳頭温泉・黒湯へ降りた方は石原、川俣、豊田、原田の4名だけで、あとは焼森山から駒の8合目バス停に下り黒湯へ行きました。黒湯温泉は極めてコンファタブル、特に秋田美人の若奥さんは気持ちが良い人でした。
今回は時間が足らずに終わりましたが、黒湯をベースに乳頭山も良いと思います。
(係:川俣俊一)

東京都千代田区四番町5-4   日本山岳会三水会(03-3261-4433)

箕岡  平戸

pagetop