メニュー

公益社団法人日本山岳会

探索山行報告 2003年6月 「中央構造線と塩の道を探る」

探索山行 「中央構造線と塩の道を探る」
2003年(平成15) 6月7日~8日
地域:秋葉街道、秋葉神社-(泊)-兵越峠-熊伏山
宿泊:南信濃村「やまめ荘」

講師:稲垣敏彦(秋葉道・塩の道踏査研究会会長)
参加者39名 塩の道踏査研究会10名 報告:山699(井上希夫)

事前勉強会:5月15日(ルーム)報告:山698(福山美知子)

■探索山行

「中央構造線と塩の道を探る」

(平成15年6月7~8日)

 塩の道は東経138度線上に中央構造線とフォッサマグナの西縁に沿って、糸魚川より静岡掛川まで、一直線に縦断する。科学委員会では、昨年は日本海側・千国街道を中心に探索山行を実施し、本年は6月7,8日の日程で、太平洋側を掛川から信州に向かって、さかのぼることとなった。

  早朝、渋谷を出たマイクロバス2台は、東名掛川ICにて、今回の講師でもある「掛川塩の道踏査研究会」稲垣敏彦会長以下10名の会員諸氏と落ち合い、塩の道に沿いながら、火祭りで名高い秋葉神社に向かった。 

  ここで古来の塩の道、信仰の道である秋葉古道とが結びついており、整備された表参道には、昭和18年の山火事によって多くの木が燃えたにも拘わらず、樹齢400年にもおよぶ杉が数多くのこっており、本殿からは遠州平野、その中を貫く天竜川も一望できる。

 奥の院の裏からは半分朽ちかけた笹の茂った、塩の道でもある裏参道を下山。バスで南信濃村の宿泊先「やまめ荘」へ移動後、講師の稲垣氏を囲み、質疑応答と和やかな懇親会を楽しんだ。

 翌朝は、夜来の雨も上がり晴天に恵まれた中、丘越峠を越え一般には比較的なじみが薄い、南信・遠州の境に位置する、一等三角点の山「熊伏山」(1653㍍)登山口の青崩峠へ。登山道の脇は中央構造線の活動のために大きく崩壊し、その名の通り、遠目には青く見える地質であった。

 山頂からは南アルプス南部の聖岳・兎岳等の眺望を楽しみ、全員元気に下山した。

 さて今回の太平洋側の塩の道は、山としての深みは北の千国街道に一歩も二歩もゆずるとしても、山あいの集落、民家の軒先を通り、段々畑を横切り、荷車を利用して、塩以外の生活物資も運び、日常生活に密着した、人間くさい道である。

 使役の「力」も、北は人力と牛であったが、ここでは人力と主に馬力であり、途中には馬の頭をそのままかたどった馬頭観音も残っており、秋葉山信仰とも相まって発展したこと等々、非常に興味深いものであった。

 最後に、事前の踏査、ルームにおける勉強会と、種々お力添えいただいた、掛川塩の道踏査研究会の皆様に、心から感謝申し上げる次第です。      

(井上 稀夫)
山699-2003/8月号

pagetop