メニュー

公益社団法人日本山岳会

弥彦・国上エリアの持続可能な利用を促進する プロジェクト第 1回活動報告

第一回弥彦・国上エリアの持続可能な利用を促進するプロジェクトへの参加者

弥彦・国上エリアの持続可能な利用を促進する

プロジェクト第 1回活動報告

・日 時  令和3年7月25日(日) 7時30分~10時30分

・場 所  1班:大平園地登り口~弥彦山奥の院休憩地、一部、八枚沢ルートまで

      2班:大平園地登り口~大平園地及び周辺

・参加者  プロジェクトメンバー、山岳団体関係者及び一般者含め

      200円徴収者(45名) 当日参加者(2名)・・総参加数 47名

連日の猛暑で熱中症予防のため本日の登山道、遊歩道の草刈り、清掃活動は 10 時 30 分を終了予定で実施した。この度の活動は 2 班に分かれ、1 班は大平園地登り口から弥彦山、奥の院までのゴミ拾いと遊歩道にはみ出した草刈りおよび奥の院休憩地と八枚沢ルートへの降口の草刈り、2班は大平園地登り口駐車場周辺の草刈りおよび駐車場に散乱している「たばこ」の吸い殻、花火などのゴミ拾い、大平園地への階段両脇と園地周りの草刈りを実施した。今回の活動は暑くなることが予想されることから、スタッフ10 名は7時30 分に大平園地登り口に集合し今日の活動予定と作業について確認、各自の任務について徹底した。また、今回の各団体からの参加者、ボランティアの募集については 30 名を予定したが、総勢 47 名と大勢の方々から協力 を頂くことができた。また、遠方の方は柏崎市、長岡市、見附市 、新潟市から早朝に家を出て駆けつけて頂いた。 8 時朝礼、大勢の方から参加いただいたことについて日本山岳会越後支部長 桐生恒治から清掃活動の主旨と参加への感謝の気持ちを伝え、事務局から本日の作業計画について説明し、熱中症予防のため水分補給や草刈り機による怪我に注意するようお願いした後、各班に分かれ 作業を開始した。作業は予定通り進み、特に大平園地周辺や階段両脇の草は刈り取られ綺麗にすることができた。

pagetop