メニュー

公益社団法人日本山岳会

2022.4.17 定例山行「蠑螺ヶ岳〜西方ヶ岳」

2022.4.17 定例山行「蠑螺ヶ岳〜西方ヶ岳」

2022.04.17(日)定例山行「蠑螺ヶ岳〜西方ヶ岳」
天候:晴れ
参加者:亀田(L)田路、岡本、長谷川久、山本、竹内、土井克、小林大(V)、高宮(V)
コースタイム:8:50蠑螺ヶ岳登山口駐車場 ⇒ 10:10長命水 ⇒ 11:10蠑螺ヶ岳頂上 ⇒11:40-12:20カモシカ台(昼食) ⇒ 12:45-13:00西方ヶ岳頂上(小休止) ⇒ 13:30オウム岩 ⇒14:40奥の院展望台 ⇒ 15:10常宮神社

感想:常宮神社の道路脇にも蠑螺ヶ岳の登山口駐車場にも多くの車が止まっており、春の陽気に誘われた登山者たちが多く登っていた。個人的には蠑螺ヶ岳側から登るのは初めてだったが花が少なくとても長く感じた。一枚岩展望台からは眼下には穏やかな敦賀湾と水島が、正面には白山、別山をはじめとする山並みがきれいに見えていて疲れが癒される。蠑螺ヶ岳頂上に着くもお昼には少し早かったので足早にカモシカ台へ向かう。カモシカ台は貸切状態でゆっくりお昼休憩。しっかり休んだ後の西方ヶ岳までの登りは足が重い。西方ヶ岳の頂上は団体グループや他の登山者で賑わってた。ここで集合写真と小休止。下りはいろんな花が咲いていて目にも楽しい。今回、イワウチワとトクワカソウがあることを知り違いを見比べてみるもよくわからず、今までイワウチワだと思っていたものはトクワカソウだったかもしれない。奥の院展望台のすこし手前に祠があるというので田路さんに案内してもらって立ち寄り。案内してもらわないとたどり着けないような隠れた場所にひっそりと祠があった。銀命水で喉を潤し常宮神社へと下山。蠑螺ヶ岳の駐車場まで車を取りに戻り帰路に着いた。天気に恵まれ景色も良く、いくつもの春の花にも出会い、新たな場所の発見もあり春山を満喫しながら楽しく歩けた。【亀田記】

【撮影 亀田】

pagetop