メニュー

公益社団法人日本山岳会

緊急事態宣言への対応

会員の皆さま

1都3県に緊急事態宣言が発令されました。
皆様におかれましては、期間中、極力本部のルームの利用を控えるようお願いいたします。
やむなく利用される場合も、少人数での利用をお願いいたします。
とりあえず、1月8日から2月7日までの予約はすべてキャンセルにいたします。
ご利用される方は、電話もしくはメールで、事務局にお申し込みください。
なお、ルームの態勢としては、原則これまでと同様です。
よろしくお願いいたします。

総務委員会
永田弘太郎

.…………………………………………………………………………
◯事務局員は、1日2人態勢とし、交替で勤務。
◯開室の時間は13時から20時。土曜日は閉室とする。
《入室条件》
・極力少人数で利用する。
・あらかじめ事務局に連絡する(代表で可)。
・クラスターが発生した場合を考え、入室者に会員番号、氏名、連絡先電話番号などを求める。
・入室の際は、手指消毒、マスク着用、大声は慎む。
・体調不良者は入場不可。途中で気分が悪くなった方は直ちに帰宅してもらう。
・トイレは使用後に各自で消毒。
・ルームでの飲食は控える。
・換気に努める。
.…………………………………………………………………………

※なお、今回は山岳四団体による声明は発表されません。
また、当会独自の指針も作成いたしません。
会報「山」1月号掲載の古野会長の記事をご参照ください。

error: Content is protected !!

pagetop